みんなで作る体育会学生のための英語インターンシップ企画

日米サッカー対談④

第四回日米大学サッカー対談④

American College soccer article #4

半谷✖︎篠原 FC東京アカデミー対談②

Hanya x Shinohara, FC Tokyo Academy Article #2

前回の記事の続きとなっております。

This is a continuation of the last article.

篠原:具体的にアメリカでサッカーをすることにした理由を教えてください。

Shinohara: For what reason, more or less, did you want to come to America to play soccer?

半谷:日本に残ってそのままサッカーをすることよりもアメリカに行った方が必ず自分のためになると思った。大学や部活にいる学生や選手のあらゆることに対する姿勢や考え方が全く違うんだよね。

Hanya: I thought that between staying in Japan and playing soccer and going to America, going to America was going to be much better for me. The attitude of students and student-athletes both are completely different in the US and Japan.

篠原:学生が意欲的ってことですか?

Shinohara: Does that mean the student athletes are very motivated?

半谷:サッカーだけっていう考え方の選手はほとんどいなくて、勉強も本当に自分の学びたいことを意欲的に勉強するよ。自分が将来何をしたくてそのために何を学ぶのか、何をするのかがもうすでに固まっている人が多い。部活をしているアスリートの方が熱心に勉強しているよ。

Hanya: There are very few players who think of themselves as purely soccer players, they also are very passionate about their respective fields of study. Many of the players know what they’d like to do in the future and how to go about learning to achieve those goals. Student-athletes are very studious.

篠原:日本の学生と大きな違いがありますね。日本の部活生はいかに楽をして単位を取るかという発想になっている学生が多くだと感じています。サッカーだけをしている人も多いですね。

Shinohara: There is a big difference with Japanese students, then. With Japanese student-athletes, they know how many units they need to graduate and try to make life as easy. There are also many people who focus only on soccer.

半谷:俺はそれじゃダメだと日本にいて感じていたんだよね。サッカーだけをしているのは悪いことではないし1つの生き方だと思うけど、俺の求めているものではなかった。あらたはサッカー以外のことも自分で積極的に行動起こしているように感じるよ。

Hanya: I got that feeling and thought that doing the same would be bad for me. I am not saying that it’s bad to purely focus on soccer but for me personally soccer is not the end all be all. I wanted to find something else other than soccer that would be as motivating.

篠原:早稲田とか筑波のサッカー部が大学サッカーに変革を起こそうとアクション起こし始めたりしているのですが、そういう影響もあり、大学サッカーがサッカーを通して何ができるのかを考えてアクションしたいなとは考えています。でもやっぱり、半谷くんの編入でのアメリカ行きはびっくりしました。

Colleges like Waseda and Tsukuba University are taking actions to try and change the soccer programs. From hearing that, I’ve also thought about what college soccer programs can do to be more holistic. Regardless, you going to America was still a big surprise to me.

高瀬:半谷くん、アメリカに来てみて生活とかどうですか?

Takase: Hanya-kun, how is your lifestyle are coming to America?

篠原:英語とか苦労しないのですか?

Shinohara: Do you have any struggles with English?

半谷:意外となんとかなるんだよね笑 単位とかも落とさずに頑張っているよ。でも課題とかやるときはやっぱり英語に苦戦するから時間かかる。でも凄い前向きにやっているよ。日々成長を感じられる。だから、海外を考えている人も語学力はなんとかなるから積極的に挑戦してみて欲しいな。

Hanya: It’s funny because we just somehow make it work. I’m trying hard to not drop any units. But my assignments take a long time because I struggle with English. But I am keeping my head up and moving forward. I can feel myself improving each day. From my own experience, I would recommend anyone thinking about going abroad to do so and challenge themselves because their language skills will definitely improve.

高瀬:海外への挑戦を考えている高校生などに2人のこれからの話も踏まえてお話してください。

Takase: For here on out, let’s have our conversation so that it will be helpful for any high schoolers who are contemplating a challenge to play soccer abroad.

半谷:英語は実際なんとかなる部分もあるけど、きついときも多くあるから、挑戦を考えている人は全く勉強しなくて良い訳ではやはりないかな。あとはアメリカも日本の大学も共通して言えるのはしっかりと情報を集めて進路の選択をして欲しい。

Hanya: For English, you might be able to get by usually with basic skills, but there will be many difficulty moments in trying to convey your thoughts, so for people thinking about studying abroad, they should know studying is a must. And this applies to both American and Japanese universities, but collecting information so that you have many options is required so that you know what you’re getting yourself into.

篠原:僕もそれは思います。僕も色々と調べたり、大学に足を運んで今の大学に決めました。今すごい良い環境で過ごせているし、すごく自分に合っていると感じています。ここでしっかりとやりきることで(サッカーも勉強も)自分の将来に繋がりそうです。

Shinohara: I agree. I also researched many things and decided on the one I currently attend. The environment I’m in is really good, and I feel that it matches me very well.I think that here I will work hard in both soccer and school, and make it connect to my future.

半谷:あらたは将来何するの?

Hanya: What will you do in the future Arata (Shinohara)?

篠原:プロのなることが今の大きな目標です。その後はFC東京に恩返しがしたいですね。FC東京の社長になって大きなクラブにしたいです。

Shinohara: To become a professional soccer player is my biggest goal right now. After that I would like to give back to FC Tokyo. I want to be the president of FC Tokyo and make it a big club.

高瀬・半谷:おーーーー。

Takase/Hanya: Ohhhhhh

篠原:半谷くんはアメリカで何をするのですか?日本に帰ってくるのですか?

Shinohara: What will you do in America Hanya-kun? Will you return to Japan?

半谷:今はプロになることを考えているから来年のドラフトに向けてアピールをひたすら頑張りたいと思っているよ。日本に帰るつもりはないな。できるだけアメリカで過ごしたいと思っているよ。

Hanya: Right now I am thinking about going pro so I am training hard and trying to appeal so that I will be selected in next years MLS Draft. I don’t think I will return to Japan. I want to live in America for as long as possible.

篠原:まずはお互いプロになれるように今できることを頑張りましょう!!半谷くん今回はありがとうございました・

Shinohara: Before that let’s both work hard so that we can both become pros! Thank you for your time Hanya-kun.

半谷:また日本帰ったらみんなで集まろう!!

Hanya: Let’s meet up in Japan again soon!

これで半谷×篠原の対談は終わりです。 また次回作にご期待ください!!

This concludes our talk with Hanya and Shinohara. Hope you enjoyed and please read our next article!

この記事もオススメ!